ビオチン療法に習って飲む

アトピーや掌蹠膿疱症をサプリメントで改善していくとき
大切なことは、その飲み方(時間)と量です。

ビオチン療法にあるように、
ビオチンの血中濃度は8時間は変わらないとされています。

なので8時間ごとに
・ビオチン(5mg)=1カプセル
・ビタミンC(1mg)=1粒
・強ミヤリサン=3粒
これをセットで飲みます。
(ビオチンセットと言う)

朝=7時
昼=15時
夜=23時

サプリメントに表示されている一日の摂取量は、健康な人用の量です。
アトピーと掌蹠膿疱症の人は、サプリメントに表示されている量では足りませんので、
ビオチンと、ビタミンCは、表示されている量よりも多く摂ることになります。

ちなみに、治療を始めた最初の頃は、ビタミンCを1日5g飲んでいました。

ビタミンCとビオチンは水溶性のビタミンなので、多く摂っても問題ありません。

ですがまとめて摂ったり、一度にたくさん飲んでも、おしっこで出ていってしまいます。
こまめな摂取が一番良いです。

喫煙は、腸内でニコチンを分解するときに、大量のビオチンを消費します。
なので、たばこはやめましょう。
私もこれを機に、スパッとやめました。
今でもたまに吸いたくなるけど我慢です(^^;

コメントを残す